« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の9件の記事

2005年9月27日 (火)

秋雲は?

秋雲が何型かって、「昭和14年度海軍軍備充実計画に依る艦船の建造計画に関する件訓令」にある (駆逐艦 甲)”第4艦迄は昭和12年度海軍補充計画に依る第17号艦と同型とす”っていうのはふまえたうえでの話なんでしょうかねえ(それとも原本はちがうのかな?)。第4艦は「秋雲」、第17号艦は「陽炎」なので、この訓令を訂正するようなものが出ていたんでしょうか。

正直ふかくつっこむほど、あまり興味はないんですが、ちょっと疑問に感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年9月23日 (金)

魚雷艇出動!

たまたま、魚雷艇の戦闘概報を見た。

・・・この魚雷艇と一緒に出撃した魚雷搭載の大発ってなんですか?

戦地では、なんでもするんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月12日 (月)

開戦1年後の実用機教程用の航空隊

機材は中古機ばかりなのですが、

・零戦どころか九九艦爆もない

・さすがに九六艦攻はないようだ

けど、追浜空には艦攻代用として零戦があったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月11日 (日)

ヤップ島に残置されていた零戦二一型が「大鳳」搭載機とされている件について私の見解

私は、どういう理由でそのように判断されたのか、事情は存じ上げておりません。そのことを前提にしてください。

<私の結論>

その零戦二一型は「大鳳」に搭載されたものではない。

<理由>

・「大鳳」に零戦二一型を搭載していた記録がないこと

・「大鳳」に搭載された零戦がヤップ島に到達した記録もない

おそらく、「311-**」と尾翼に呼称番号が残っていたために、このようにご判断されているのであろうかと推察しています。昭和一九年六月ヤップ島にて、おそらく呼称番号に311をつかっている一五三空戦闘三一一に所属する零戦二一型が複数機、空襲にて破壊された記録があることから、戦闘三一一所属機であろうと考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月 9日 (金)

大鳳

「この艦は訓練未熟のため、かならず沈没する。もう俺も終りだ」

出撃前、ある大鳳乗組員の言葉とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月 8日 (木)

ミッドウェー海戦の利根機

Web見ていて、ふと気が付いた(誰かに聞いた話を思い出しただけかも?)んですが、ミッドウェー海戦の利根機の報告、少し変ですね。

なにがどう変かというと、このころの艦隊の飛行機なら「ミッドウェーの**度□△浬」とはやらないはずで、「基点から**度□△浬」と報じます。なぜならば、使っている航法用の地図が白紙のもので、特定の地点からの距離を出すためには写しかえることが必要になります。ゆえに、そんなめんどうなことをせずに発艦してからの方位と距離を報じるわけです。

なんで、そんな面倒なことをしたんでしょうかねえ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月 7日 (水)

偵察員は?

機練の定数が、168機のようですから、期間を7ヶ月としてみると・・・。

1ヶ月平均 70名ぐらい

になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月 6日 (火)

開戦時の練習航空隊

開戦時の海軍航空隊、練習航空隊で何人の養成を目指していたのか、推測してみた。

陸上練習機 定数 常用+補用 560機

水上練習機 定数 常用+補用 180機

こんなものだろうか?

期間をざっくり8ヶ月としてみると、1ヶ月あたり

陸上機 150名

水上機 40名

ぐらいだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月 4日 (日)

多号作戦の月光

昭和19年11月~12月の多号作戦時、瑞雲や月光などが魚雷艇攻撃しています。

その中で、12月2日に戦闘八〇四の月光が駆逐艦一隻撃沈を報じています。その操縦員は、後日魚雷艇三隻撃沈を報じるなど活躍しますが、戦死されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »