« 大鳳 | トップページ | 開戦1年後の実用機教程用の航空隊 »

2005年9月11日 (日)

ヤップ島に残置されていた零戦二一型が「大鳳」搭載機とされている件について私の見解

私は、どういう理由でそのように判断されたのか、事情は存じ上げておりません。そのことを前提にしてください。

<私の結論>

その零戦二一型は「大鳳」に搭載されたものではない。

<理由>

・「大鳳」に零戦二一型を搭載していた記録がないこと

・「大鳳」に搭載された零戦がヤップ島に到達した記録もない

おそらく、「311-**」と尾翼に呼称番号が残っていたために、このようにご判断されているのであろうかと推察しています。昭和一九年六月ヤップ島にて、おそらく呼称番号に311をつかっている一五三空戦闘三一一に所属する零戦二一型が複数機、空襲にて破壊された記録があることから、戦闘三一一所属機であろうと考えております。

|
|

« 大鳳 | トップページ | 開戦1年後の実用機教程用の航空隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120391/5888604

この記事へのトラックバック一覧です: ヤップ島に残置されていた零戦二一型が「大鳳」搭載機とされている件について私の見解:

« 大鳳 | トップページ | 開戦1年後の実用機教程用の航空隊 »