« ○4計画の潜水艦 | トップページ | 台湾沖からレイテ戦までの彗星隊 »

2006年1月 9日 (月)

特設飛行隊の整備員

19年3月の特設飛行隊制度適用航空隊では、特設飛行隊にも移動が容易なように必要最小限の整備員が配属されていますが、あくまでも最小限ですから通常は航空隊の援助が必要となるようになっていました。

航空隊整備員は基地員分派を考慮して定員が設定されているので、飛行機が常駐していない基地に基地員を分派させる必要の時にはその方々が対応します。

|
|

« ○4計画の潜水艦 | トップページ | 台湾沖からレイテ戦までの彗星隊 »

コメント

う~ん、参考になりますね。
某所で質問のあったものの答えでしょうか・・・

以前教えてもらった防研資料に、(昭和20年の)番号航空隊の整備分隊について書かれていたものですから、最低限の整備分隊はあったんだろうなと思っておりました。
また飛行隊分隊長の辞令が出ている整備士官(こんな呼び方があったかな)もおられましたので・・・

投稿: 源五郎 | 2006年1月13日 (金) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ○4計画の潜水艦 | トップページ | 台湾沖からレイテ戦までの彗星隊 »