« 新鋭空母「翔鶴」型の評価 衝撃のデビュー? | トップページ | 7.7mm機銃 »

2006年4月11日 (火)

第一遊撃部隊 反転す

二十五日早朝果らずもサマール島東南方海面に於いて敵補助空母群を捕捉するを得 補助空母四隻其の他巡洋艦、駆逐艦若干を砲撃撃沈破するの戦果を挙ぐることを得たり。これすなわち菲島沖海戦なるも同日もなお第一遊撃部隊に対する敵機の来襲は早朝より断続的に続行せられ その数約二百機に達し被害続出する情況なりしを以てその後の行動を打ち切り反転 概ね往路を経てブルネイ湾に帰投せり

菲島沖海戦 経過の概要(戦時中作成)より

|
|

« 新鋭空母「翔鶴」型の評価 衝撃のデビュー? | トップページ | 7.7mm機銃 »

コメント

すみません、また質問。

赤文字になっている部分が、今の解釈と違うってことなんでしょうか?
(今の解釈ってのも、ほとんど知りませんが……)

投稿: 源五郎 | 2006年4月12日 (水) 23時19分

”今の解釈”というのは私も知りません。

進めないから帰った、という至極もっともな理由だなあ、と思っただけですよ。色が変えられることに気がついてやってみた、ただそれだけです。結構、目立ちますね~。

投稿: 川崎まなぶ | 2006年4月15日 (土) 09時30分

>色が変えられることに気がついてやってみた、ただそれだけです

そーだったんですか……、なんか意味があると思ったけど。やっぱ、面白そうな機能は使いたくなりますよね。

投稿: 源五郎 | 2006年4月15日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新鋭空母「翔鶴」型の評価 衝撃のデビュー? | トップページ | 7.7mm機銃 »