« ミッドウェー海戦の飛行機 | トップページ | 「飛龍」の区分字 »

2006年6月18日 (日)

航空機生産について

航本総務部部員?報告

○我航空工業生産方式は多量生産方式になっておらず極めて不能率な月末尻上がり生産なり

工員150万人あるも足並みそろわず

・部品の不揃 全工場が歩調をそろえさるべからず

部品工場には余裕あり 2直をやりおらず

・協力工場が利回りを追い離合集散 離合集散ごとに値上がりす 17年度を100とすると現在(19年6月)170なり

・協力工場をめぐり暗躍盛なり

・親工場は協力工場をあさりあるく  協力工場は利潤を求める 熟練工の争奪もあり

・親工場は2直交代にて行うも、協力工場は足並みそろわず、親工場よりリュックを背負って部品を集めあるを現状なり

○速やかに系列を整理するを要す

親工場外注係 子工場共整理の熱意無し

○協力工場の隘路は労務なり 資材、機械共に余裕あり

これを整理により飛躍的に国力増進可能

~現戦争は米の自働車工業と日の紡績工業の戦争なり~

|
|

« ミッドウェー海戦の飛行機 | トップページ | 「飛龍」の区分字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミッドウェー海戦の飛行機 | トップページ | 「飛龍」の区分字 »