« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の7件の記事

2006年12月29日 (金)

無線LANやりなおし

 以前使っていた無線LAN、ADSL1M化を契機にもう一度使おうと引っ張り出す。

 プライベートアドレスが変更になったので設定変更をしなければならないのだけども・・・パスワードがわからん。

 いろいろ試したがやはりだめ。

 結局、初期化。あーあ、と思ったけども、たいした設定があるわけでもなく、ほどなく終了。これだったら、とっとと初期化するんだった、と若干後悔する。

 試しに使って測定サイトでみると、やはり今度は有線でも無線でも同じ速度となる。(さすがADSL1M!)

| | コメント (0)
|

2006年12月26日 (火)

どこかで聞いたような話

 日本へ侵攻してくるアメリカ艦隊は、約800機の航空勢力を有していた。それに対し、我が艦隊にはわずか400機しかない。このため、基地航空隊約1200機を整備。敵が現れた海域に約400機を集中させ航空戦を挑もうと考えていた。

ってこれはマリアナの話ではありません。13年前の昭和6年に国防のために必要な兵力を策定した時の戦略です。戦時には基地航空隊(当時は沿岸航空隊と呼んでいた)を1200機整備するという大規模のもので、さしあたって平時は半数整備を目指すこととしています。

日本海軍が基地航空隊を重視する方針へ大きく舵を切ったといって良いかもしれません。とはいってもしばらくは、予算が限られていたため艦隊航空隊充実に重点がおかれましたが。、

| | コメント (0)
|

2006年12月23日 (土)

難しいこと

 日本の航空母艦の建造経緯を知りたければ、自分で調べることですね。

 艦もそうですが、飛行機のこと、戦略、戦術も知らなければわからないこともあるのですが、これは難しいのだと思います。既存の本もいろいろあるのですが、史料の未読、誤読も皆無ではありませんから、??なことが書いてあったりしますから。ただ、1から調べるのも面倒ですから、既存の本をインデックス代わりに使用するのも良いでしょう。けれども、鵜呑みは駄目です。

 自分で調べれば、まあいろいろわかるのでしょうけども、調べてもわからないこともあるはずです。しかし、自分で調べてわからなければ、ある程度あきらめつくでしょう。

| | コメント (0)
|

2006年12月19日 (火)

空軍化

大正一桁のころ、日本の海軍が、陸軍からの要請を蹴ってまで、独自の航空隊を持ち続けた理由はなにか。

・艦上飛行機

・水上飛行機

・航空船

この3つを理由に陸軍と袂を分けた。

逆にこれらがなければ、海軍航空は維持出来なかったといえる。

| | コメント (1)
|

2006年12月17日 (日)

陸上攻撃機は対航空母艦用の飛行機として要求された

戦いがあれだったので誤解されているようですが、陸上攻撃機は軍縮条約の劣勢を挽回すべく、その優秀な航続力を用いて遠距離攻撃で敵航空母艦を艦隊決戦に先がけ撃沈破するため、要求された飛行機です。

まあ、敵戦闘機に無力に近かったのは相当予想外のことだったのでしょう。戦前は振り切るか編隊で対抗出来ると考えていたようです。

| | コメント (5)
|

2006年12月12日 (火)

真珠湾攻撃隊

モデルアート増刊の真珠湾攻撃隊という本があり、最近出たものは持っていた。

しかし、近所の古本屋で古い方を見つけた。同じものを2冊持っていても、と思いちょっと迷ったのだけども、結局買ってきました。

結構違うんですねえ。私は古いほうが好きです、いろいろ写真もあって。

| | コメント (5)
|

2006年12月 2日 (土)

トラック空襲時の陸攻隊の”戦果”

19年2月17日のトラック空襲時、テニアンかどこかから発進した陸攻隊が巡洋艦撃沈を報じている。

が、この報告を見てみたら、空母を探している時?一機が消息を絶った。捜索中敵巡洋艦もいなくなっていたので、この機はこれを雷撃し轟沈させたものの被弾し撃墜されたものと推定した、というかなり無理のあるものだった。

| | コメント (2)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »