« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の10件の記事

2007年2月26日 (月)

しかし

マリアナ沖海戦時の艦隊一覧などを作ってみると、駆逐艦の数が絶望的に少ない。特に前衛なんかは各母艦毎の輪型陣だからなおさらだ。

1~2隻の航空母艦よりも「松」型でもいいから駆逐艦10隻はほしかったところだろう。

| | コメント (0)
|

2007年2月24日 (土)

困ったもんだ

日本艦隊の位置、動きの資料がほとんどない・・・・。

困ったもんだなあ。

| | コメント (0)
|

2007年2月21日 (水)

マリアナ沖海戦帰還搭乗員のその後

思いつくままに。

六〇一空

戦闘機隊→六五三空戦闘機隊(戦闘一六四,一六五)

艦爆隊→六〇一空攻撃一六一(六五三空艦爆隊)か偵察六一

艦攻隊→六〇一空攻撃二六二か六三四空艦攻隊

艦偵隊→一四一空偵察三

六五二空

戦闘機隊→六〇一空戦闘一六一か六三四空戦闘機隊(戦闘一六三、一六七)

戦爆隊→六五三空戦闘一六六

艦爆隊→六〇一空攻撃一六一(六五三空艦爆隊)

艦攻隊→六五三空攻撃二六三

六五三空

戦闘機隊→六五三空戦闘機隊(戦闘一六四,一六五)

戦爆隊→六五三空戦闘一六六

艦攻隊→六五三空攻撃二六三

| | コメント (2)
|

2007年2月18日 (日)

陸攻隊の搭乗員

マリアナ沖海戦時の陸攻隊は、操縦員、偵察員、電信員、攻撃員、搭整それぞれ各1人が標準になっています(攻撃隊の指揮官機の場合は電信員が2人になるようです)。これは搭乗員の数が足らないための暫定的な処置なのですが、陸爆や艦攻に比べて機銃専任の攻撃員と搭整の2人多いだけ。

なんか考えさせられます。哨戒中撃墜される機が多いのもこういったことが影響しているのかもしれませんね。また、操縦員にしてみれば1人で操縦するのにはかわりがないので、より高速な銀河を求めるのもわかる気もします。

| | コメント (0)
|

2007年2月16日 (金)

⑤計画

⑤計画に予定されていた艦を例の計画番号表から書き出してみる。

戦艦:A150

超甲巡:B65

巡洋艦乙改:C44、巡洋艦小型:C45

2000t砲艦:E18

高速駆(「島風」型):F52、直衛艦(乙型改):F53

大鳳型改:G15、飛龍型改:G16

砕氷艦:J23、飛行艇母艦大:J24、飛行艇母艦小:J25、運送艦:J26、潜水艦母艦:J27、揮発油油槽艦中型:J28、揮発油油槽艦小型:J29、水上機母艦:J30

(病院船:J22、上陸艇:J31は知らないなあ)

巡潜甲型:S48(V21)、巡潜乙型:S49A(V22A)、巡潜丙型:S49B(V22B)

魚雷艇100t型:T51

⑤計画艦がVで、④計画艦Wとなれば、③計画艦X、②計画艦Y、①計画艦Zなんだろうなあ。

| | コメント (0)
|

2007年2月13日 (火)

○5計画と○6計画

 戦後二復省が作成した○5、○6計画の話はちょっと変だ。

 ○5計画は159隻、約65万トンとのことだけど、この見積もりが合っているのかはともかく試しに計算してみると70万トンを越えてしまう。また、○6計画は詳細までつめられなかったような書きっぷりだけど、そもそも○6計画なんて昭和23年~25年完成の軍備計画なんだから、昭和16年時点では案程度のものがあればよく、先の話の詳細を決める必要は全くないのだが。、

| | コメント (0)
|

2007年2月 9日 (金)

大神工廠

○5計画から、大神工廠が新設されることになっていました。ここで何を建造しようとしていたのか? 記録がある改○5計画では潜水艦が計画されていたことがわかりますが、その前の○5計画ではどうだったのか?

おそらくですが、超甲巡の建造を予定していたのだろうと思います。

| | コメント (0)
|

2007年2月 7日 (水)

改○5計画の世界

改○5計画実行時昭和22年度末時点の編制を予想してみる。

第3艦隊

1航戦:改「大鳳」型3隻

2航戦:改「雲龍」型3隻

3航戦:改「雲龍」型3隻

4航戦:「生駒」改「雲龍」型2隻

5航戦:「笠置」「阿蘇」「葛城」

6航戦:「雲龍」「天城」「信濃」

7航戦:「大鳳」「翔鶴」「瑞鶴」

8航戦:「飛鷹」「隼鷹」「龍驤」

9航戦:「千歳」「千代田」「瑞鳳」「龍鳳」

10航戦:「大鷹」「雲鷹」「冲鷹」「神鷹」

連合艦隊付

「海鷹」「ぶらじる丸」

9航戦は解隊して「雲龍」型からなる航空戦隊に1隻ずつ、10航戦は8航戦に編入したほうがよいかもしれません。

| | コメント (0)
|

2007年2月 4日 (日)

そおいやあ

○5計画で計画された戦艦は3隻ですけども、そのうち1隻が改「大和」型、2隻が新型とする書物がある。それって本当なんだろうか。

・例の計画番号表にはA-150という新型はあるけども、改「大和」型というのはない。

・戦時編制案によれば、この3隻は同一戦隊となることとなっている。1隻だけ性能が違う艦があるというのはどうなんだろうか。

| | コメント (0)
|

燃料問題

 艦船燃料について開戦前の予測では、順調にいっても約3年で燃料がほとんど尽きることになっている。

 航空燃料については自給可能とされているが、○5計画が完成するとなると厳しい状況のようだ。

| | コメント (0)
|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »