« ⑤計画 | トップページ | マリアナ沖海戦帰還搭乗員のその後 »

2007年2月18日 (日)

陸攻隊の搭乗員

マリアナ沖海戦時の陸攻隊は、操縦員、偵察員、電信員、攻撃員、搭整それぞれ各1人が標準になっています(攻撃隊の指揮官機の場合は電信員が2人になるようです)。これは搭乗員の数が足らないための暫定的な処置なのですが、陸爆や艦攻に比べて機銃専任の攻撃員と搭整の2人多いだけ。

なんか考えさせられます。哨戒中撃墜される機が多いのもこういったことが影響しているのかもしれませんね。また、操縦員にしてみれば1人で操縦するのにはかわりがないので、より高速な銀河を求めるのもわかる気もします。

|
|

« ⑤計画 | トップページ | マリアナ沖海戦帰還搭乗員のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ⑤計画 | トップページ | マリアナ沖海戦帰還搭乗員のその後 »