« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の6件の記事

2009年1月29日 (木)

一式陸攻の脆弱イメージ

一式陸攻は8月8日と11月12日にガダル沖の艦船攻撃で大被害を喰らい脆弱イメージに拍車をかけてします。この戦いの戦訓には(本当にそうかはわからんと思うのですけど)このように記述されています。

当時一式陸攻は消火装置を全然有せず僅か一発の機銃弾により火だるまになる弱点を有したる結果なり

とはいうものの、この2日の大被害には少しからくりもあるのです。この2日はハワイ以来の碇泊艦艇の襲撃というもので、強襲の場合、防御砲火の命中率が高いらしく被害が出やすいって同じ戦訓に書いてあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月25日 (日)

題名を考える

前回も「これ、マリアナ沖海戦じゃないよね?(分量的に他の戦いの合計>マリアナ沖海戦だったから)」みたいな話になったので、いろいろ考えたけど、結局マリアナ沖海戦になりましたが、今度はどうしようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月10日 (土)

機密南東面部隊命令第11号による研究の成果並びに所見

機密南東面部隊命令第11号による研究の成果並びに所見
1.対艦船夜間低高度爆撃(特殊爆撃)法
(イ)攻撃法
(1)使用照準器
特殊爆撃法の研究(横空隊研究資料第76号)並びに751空の成果に鑑み現状に於ける夜間低高度爆撃実施上九二式爆撃照準器を以て射角調定式に依るを最適と認む
(2)使用爆弾ならびに投下法
使用爆弾は現状に於いて一式陸上攻撃機にありては九九式6番通(信管九九式通信用)又は22式6番21号爆弾12発をもって2航過(1航過単発0.25秒連続投下)にて攻撃するを有効なりと認むるも敵情に依りては1航過単発0.25秒連続投下とす
(3)爆撃高度
爆撃高度は現用爆弾を以てしては300m乃至500mを可とすべし

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 8日 (木)

最近出た烈風の本

烈風の本を先月末苦労して手に入れました。いつも行くお店に無く、外を捜しても出遅れたせいか、なかなか売れ残っているお店が見つからず、最後の最後、ここではそういうような本を置いてないだろう、と思ったけど、たまたま行ったサティの中の本屋で、普通に積み上がっていたところを発見、購入できました。

けど、文章を読んでいる時間が・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いろいろと調整中

まだどうなるか、わかりません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

2009 続編を今年に出せるように、頑張りたいと思っております。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »