« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の4件の記事

2011年1月29日 (土)

雷電国を滅ぼす 国破れて銀河あり

「雷電国を滅ぼす 国破れて銀河あり」という言葉は終戦後、雷電と銀河の廃飛行機の山をみた技術士官の言葉だったかと思います。

記憶では、厚木基地での話じゃなかったかと思いますが、確かに厚木基地には多数の雷電と銀河の廃機材があったようです。しかし、この両機種が海軍の中で図抜けて故障が多かったわけではありません。終戦時、最悪の機種は彩雲でして、雷電は悪いことは事実ですが紫電、紫電改とほぼ同じ稼働率で、銀河はそれほどでもなく一式陸攻と同じぐらい、といったところです。

実のところ、終戦直前の厚木基地は中島小泉工場で完成した銀河、高座工廠・日建で完成した雷電の集積地であり、ここで機銃といった兵装を実施し、部隊へ空輸される、という流れでした。そのため、厚木には艤装待ちの銀河、雷電が多かった、ということがあります。さらに、雷電の30ミリ機銃搭載工事、銀河への多銃装備機への改装のため、各部隊の機材を集めて工事を行っていました。ゆえに銀河、雷電が多かったのでは?と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月16日 (日)

源田の剣

343空の史料コピーを手に入れる必要が生じたので、ついでに「源田の剣」を本棚から引っ張り出してみたりしました。

343空のことが全て載っている、とか思って買ったのかどうか忘れましたが、3月19日など特定の空戦が日米双方非常に細かく記述されている一方、日本側の史料は戦闘詳報など限られたもののように感じました。343空は、司令の性格なのかどうかわかりませんが、割と史料に出会える気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月 1日 (土)

陸偵隊の記録といっても

現在チャレンジ中なのがとある陸偵隊についてまとめています。陸偵隊自体は、戦闘詳報なり戦時日誌なりで追うことはそれほど難しくないのですけども、陸偵隊の偵察によって、敵なりなんなりを発見すると、攻撃したりするわけです。その他部隊の記録をチェックするのがちょっとしんどいですね。大雑把すぎても、細々過ぎてもだめでしょうから、あくまでも陸偵隊がメインなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »