« G-18という存在 | トップページ | 昭和20年3月19日の「フランクリン」攻撃 »

2011年6月26日 (日)

紫電の戦い

紫電はご存知のとおり主に341空で作戦に投入されました。その341空要務士の方の書いた日記がフィリピン戦末期のころの状況を描き出していますが、その中でも印象的なのが山口大尉機が基地上空、基地員の目の前で追い詰められ撃墜されるシーンでした。

それを見ていた基地員も、司令、飛行長以下その多くが地上戦で戦死されています。

|
|

« G-18という存在 | トップページ | 昭和20年3月19日の「フランクリン」攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120391/52050933

この記事へのトラックバック一覧です: 紫電の戦い:

« G-18という存在 | トップページ | 昭和20年3月19日の「フランクリン」攻撃 »