« 本文概略作成完了 | トップページ | 台湾沖航空戦の攻撃405と406 »

2011年7月16日 (土)

紫電の戦い(その2)

 紫電の実戦は昭和19年10月12日の台湾邀撃戦からになりますが、10月下旬から1月上旬までのフィリピンでの戦いが最も激しい戦いになっています(沖縄戦ではあまり交戦していない)。とはいえ、記録があんまりないもんで、さらっとまとめられちゃうのでしょう。

記録によれば、昭和19年10月24日から11月3日までにフィリピンに到着した増援機数は、零戦110機、爆装零戦10機、紫電36機、彗星41機といったところです。

|
|

« 本文概略作成完了 | トップページ | 台湾沖航空戦の攻撃405と406 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120391/52224793

この記事へのトラックバック一覧です: 紫電の戦い(その2):

« 本文概略作成完了 | トップページ | 台湾沖航空戦の攻撃405と406 »