« 攻撃第102飛行隊 | トップページ | 攻撃第105飛行隊 »

2012年3月20日 (火)

攻撃第103飛行隊

昭和19年4月1日に基地艦爆搭乗員の養成を担当していた佐伯空の改変部隊502空艦爆隊を元に作られた部隊であった。飛行隊長は引き続き江間大尉であった。

攻撃102と共に九九艦爆で北東方面作戦、対潜哨戒にあたっていた。10月1日付で502空が解隊され701空に編入。この時代になっても彗星の供給は間に合わず、九九艦爆が主力のままだった。

10月10日台湾沖航空戦開始、南下するも敵を見ず台湾に集結した。彗星への機種変更が通達されるも比島に進出が命じられる。10月22日マバラカットに進出、23日の総攻撃で出撃するものの悪天候で敵を見ず。再出撃となった24日は敵の邀撃を受け攻撃に失敗。再出撃するも敵艦隊を見なかった。

10月26日には体当たり部隊への編入が下令され、特攻隊として出撃していった。

11月15日に内地帰還が命じられ、攻撃3の残留隊員らを含めて再建される。

3月18日から21日までの九州沖航空戦で国分より出撃、攻撃105と共に空母撃破の戦果を挙げる飛行隊長の柏井大尉ら多くの搭乗員を失った。

さらに3月末までに消耗し、美保へ転進、再建されつつ終戦を迎えた。

|
|

« 攻撃第102飛行隊 | トップページ | 攻撃第105飛行隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120391/54264847

この記事へのトラックバック一覧です: 攻撃第103飛行隊:

« 攻撃第102飛行隊 | トップページ | 攻撃第105飛行隊 »