カテゴリー「マリアナ沖海戦以前」の70件の記事

2013年12月14日 (土)

ミッドウェー島の水

ミッドウェー海戦前に、暗号解読に成功していたアメリカ軍は「AF」の場所を特定するために『ミッドウェー島では水が不足している』と平文で電報を飛ばし、日本海軍が『「AF」では水が不足している』と電報してしまい、これを解読して特定できた、というお話がありますが、実際に日本側がうった電報は見つかっていません。

私はこの話は作りばなしじゃないの?と思っています。だって、もし本当に暗号が解読できているのであれば、5月20日のGF機密第196番電を解読すればAFがどこかわかるからです。

GF機密第196番電

第2地点表示法の起点略語を定む

~AF(midway)~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 4日 (金)

昭和18年1月10日「アルゴノート」撃沈の状況

敵潜水艦が輸送船を雷撃するも外れ、その魚雷は2本爆発、2本海面航走。 
駆逐艦「舞風」は浮標投入、爆雷攻撃により油が出しはじめ次第に運行不能となったのか沈深を保てなくなったようだ。

ついに味方水偵が敵潜水艦を水中に発見、爆弾2個投下。「舞風」全速でさらに爆雷攻撃に向かう。爆雷4個投下。ところが、上空にいた敵B17 1機が「舞風」を爆撃してきた。被害なし。

やがて敵潜水艦が急速浮上、これを「舞風」砲撃、続いて「磯風」も合同し砲撃。「磯風」の爆雷攻撃にて一抹の水泡を残し海に消えていった。

駆逐艦「舞風」艦長が残した日記の写より。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2012年1月22日 (日)

「祥鳳」撃沈時

当初、乗員の救助は行われず駆逐艦はさっさといなくなってしまい、かなり長い時間泳がされたとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 9日 (月)

ハワイ作戦時の「瑞鶴」艦爆隊

現在のところ、ハワイ作戦時の「瑞鶴」艦爆隊は5機分しか搭乗員編制が見当たらない状況ですが、その5組の搭乗員は横須賀空から派遣されていたメンバーなんですよね。しかも、作戦後一部のみ横空へ戻りますが、坂本大尉以下はそのまま「瑞鶴」で戦い続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月22日 (土)

開戦前の陸攻隊

昭和16年9月末では各隊ほぼ常用分の搭乗員組数は満たしています。補充は10月20組と12月50組の見込み。

この時点では開戦日がはっきり示されず、それゆえ訓練もそれほど激しいものではない(いつもどおりのレベル)ようです。

訓練内容としては

・水平爆撃嚮導機の訓練
・集団行動訓練(編隊飛行など)及び空戦訓練(対戦闘機)
・雷撃訓練(1~2回)
・夜間飛行訓練
・通信訓練

浅海面魚雷はアナウンスはあるものの実物届かず、雷撃訓練は動的目標に対してのみ記録にあり。

| | コメント (0)
|

2009年6月28日 (日)

開戦時の陸攻隊

ちょっとしたネタになりそうなので、保留。

さて、やることをやりますか。(間に合うかな~)

|
|

2009年3月28日 (土)

良く聞く話

日本海軍の砲撃戦力」って当時の海軍司令官クラスはどのように考えていたのでしょうか。

良く聞く話なのかどうなのかはわかりませんが、優秀だとは聞きますが、本当にそのように考えていたのでしょうか?

興味をもってはいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月29日 (木)

一式陸攻の脆弱イメージ

一式陸攻は8月8日と11月12日にガダル沖の艦船攻撃で大被害を喰らい脆弱イメージに拍車をかけてします。この戦いの戦訓には(本当にそうかはわからんと思うのですけど)このように記述されています。

当時一式陸攻は消火装置を全然有せず僅か一発の機銃弾により火だるまになる弱点を有したる結果なり

とはいうものの、この2日の大被害には少しからくりもあるのです。この2日はハワイ以来の碇泊艦艇の襲撃というもので、強襲の場合、防御砲火の命中率が高いらしく被害が出やすいって同じ戦訓に書いてあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月19日 (金)

雷電の最初の装備予定部隊は?

雷電の最初の装備予定部隊は、331空でした(後の戦闘603)。結局生産が間に合わず零戦を装備して南西方面へ向かいましたが、雷電装備となっていれば南東方面への進出もありえた(南東方面からはそのように要望がされていた)のですが・・・。

その後、381空(後に戦闘602)、301空(後に戦闘601)が編成されましたが、雷電で戦闘に参加したのは381空のみとなっています。

3個飛行隊、302空、352空、332空といった各軍港を防空する航空隊が活動すると、雷電は150機程度の月産が必要になってくるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 8日 (土)

マリアナ本は遅れたけども

・ハワイ作戦の話

・ミッドウェー海戦の話

・第2次ソロモン海戦の話

・南太平洋海戦の話

・ハワイ以前の古い時代の話

以上の回想を中心にそれほど深くはないが取り纏め中。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧